筋トレ教はエビデンスがあるから厄介な件

筋トレ教徒はすぐに筋トレ勧めてくるから、怖い

 

筋トレ好きな人って、何であんなに布教活動に熱心なんですかね?

口を開けば「筋トレ、筋トレ」って

 

たまにエホバの人に絡まれることありますけど、そんな感じで筋トレしてない人にとっては筋トレ教は異教徒なわけですから若干怖いんですよね

筋トレで世の中すべてうまくいくと思っている節もありますし

 

かくいう私もジムに通って1年以上筋トレしているので、片方の足を筋トレ教に突っ込んでいるのかもしれません

今回はそんな一般人と筋トレ教徒の狭間で揺れている私が筋トレ教の厄介な所を紹介したいと思います

 

これを読めば筋トレ教徒がなぜ筋トレを強く布教してくる理由が分かりますよ

記事を読んだ後は「筋トレやっぱりヤバいじゃん!」と思うことになります

 

 

・筋トレの実用性について知りたい人

・ダイエットしたいかもと思っている人

・筋トレにはだまされないぞと思っている人

・健康になりたいけど、運動する気が起きない人

 

 

筋トレ教が強いのは神が証明されているから

 

筋トレ教徒にとっての神とはもちろん「筋トレ」又は「筋肉」なのですが、厄介なことに筋トレすると色んな良いことがあると科学的に証明されているため教徒はやたらと筋トレを勧めてきます

 

恐らくエホバの人と同じように、自分たちの教義や信じているものには絶対的な価値があって、それを知らない人たちにも幸せになって欲しいという思いから布教活動をしています

 

筋トレのエビデンスについては今回こちらの本を読みました

 

 

 

 

ちなみにKindle unlimitedを利用すると無料で読めます

 

 

筋トレ教はこうやって布教してくる

 

筋トレ教徒は筋トレしていない人をあの手この手で筋トレさせようと、甘い言葉で暑苦しく勧誘してきます

筋トレするとこんな良いことがあるよ!と誘うわけです

 

あいつらの手口は大体こんな感じ

 

筋トレするとメンタルが強くなる

 

身体を鍛えているのにも関わらず、精神的にも強化されるという誘い文句

現代人は色んなストレスを四方八方から受けるので、メンタルが弱りがちです

 

そんなとき筋トレ教徒は元気に「筋トレするとメンタルに良いよ!」と自信満々に言うわけです

いやいやそれはお前個人の体験談だけであって、エビデンスなんてないだろうと思うわけですが・・・

 

実はエビデンスあります

アメリカで行われた実験なのですが、全く筋トレしていない女性をたくさん集めて数週間の筋トレをさせるグループと筋トレさせないグループに分けて調査を行ったところ

 

筋トレさせたグループの方が自己肯定感が高まることが証明されました

筋トレすると自分を好きになれるということです

 

もっと詳しく説明すると、筋トレプログラムのグループA、パーソナルトレーナーをつけて筋トレするグループB、自己流で筋トレするグループCと分けており、数週間後にBとCのグループは自己肯定感が高まる結果となりました

 

自己流でも自己肯定感は高まるので、別に筋トレの効果が出てなくてもOKということです

「筋トレしている自分」=「頑張ってる自分」となるので、自分のことを好きになれるようです

 

筋トレするとダイエットにブーストがかかる

 

世の中にダイエットの方法は色々ありますが、筋トレというのはド直球な王道のパターン

だからこそツラい筋トレを避けるために楽して痩せるダイエット方法が人気なわけです

 

でも実は筋トレだけではあまり痩せなくて、筋トレ+有酸素運動(ランニングなど)をすることでダイエットにブーストがかかります

 

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由 P599より

 

筋トレ+有酸素運動をすると具体的には体脂肪率がグンと下がります

筋トレすることで消費カロリーが増えるので、効率的にカロリーを消費することができるわけです

 

【例 同じ距離を走るとき】

筋トレなし1km走る→10kcal消費する

筋トレあり1km走る→15kcal消費する

 

そんなに長く走りたくないよという方は筋トレした方が良いということになります

 

それで筋トレした後は「プロテイン」を飲めと勧めてくるでしょう

プロテインとはタンパク質のことですが、これがダイエットに効きます

 

いやいや、飲むだけで痩せるとかよくあるダイエット食品ではありません

実はこのタンパク質、体内に吸収するためにはエネルギーを使います

具体的にいうと取り込んだエネルギーの約30%を体内に吸収するために使ってしまいます

 

ということは

ダイエットの時には摂取カロリーを抑える必要がありますが、タンパク質多めのメニューに変えることによって摂取カロリーを変えなくてもタンパク質の分だけ勝手に消費されることになります

 

【1日にとるカロリー 極端な例】

タンパク質なしの食事で3000kcal → 体に取り込まれるカロリー3000kcal

全部タンパク質の食事で3000kcal → 体に取り込まれるカロリー2000kcal

 

1日のカロリーを全てタンパク質からとることは無理なのですが、このすごさをイメージして欲しかったので極端な例を挙げました

 

サンドウィッチマンのネタで、ドーナツをつぶすとカロリーが空気中に放出されて「カロリーゼロ」になるというネタが好きなのですが、タンパク質にはカロリーゼロといかないまでも「カロリー30%オフ」は現実に起こるわけですね

これを「食事誘発性熱産生」といいます、覚えなくて大丈夫です

 

プロテインを飲むとお腹が膨れるので、食事の量もいつも通りには食べなくなりますので運動と筋トレを組み合わせていくと徐々に消費カロリーの方が摂取カロリーよりも上回るようになるので結果やせる

だから筋トレしよ♪と言ってきます

 

 

 

長生きしたいなら筋トレ

 

筋トレを週2回行うと死亡率が30%下がるという研究結果があります

 

ベッドで寝たきりのままで20年過ごすのか、元気に外に出て楽しい活動をしながら20年過ごすのか

できることなら健康寿命を延ばして、家族に迷惑をかける期間を短くしたいですよね

 

それなら、筋トレと有酸素運動で健康を作っていきましょうね

こんな年になってはもう遅いと思うかもしれませんが、世の中には還暦を迎えてから筋トレに目覚めてボディビルダーになったおじいちゃんもいますから大丈夫

 

今日が一番あなたにとって若い日なので、とりあえずやってみましょ

 

と若い人ばかりではなく、中高年にも勧誘します

 

その他「筋トレすると若さが保てる」と世の中のおばさまを勧誘し、「筋トレするとモテる」と非モテ人に夢を見せ、「仕事をうまくやりたいなら筋トレ」とビジネスパーソンにもぐいぐい行きます

 

筋トレに関する研究の数が半端ないので、全方位に良い研究結果が出ているので厄介です

 

筋トレのデメリットを指摘するならこれだ

 

メリットばかりで死角のない筋トレ教に思えますが、デメリットも存在します

ここでは世の中一般に言われている筋トレのデメリットの真偽についてお知らせします

 

筋トレ教を拒むためにデメリットを挙げるわけですが、逆に事実無根のデマをデメリットとしてしまうと「それはデマなんだよ!さぁ、もう分かったね!筋トレしようか!」と逆にカウンターを食らう羽目になるため注意してください

 

急に筋トレで痩せるとリバウンドする

 

デマです

リバウンドはダイエットの期間とは関係ないので、3ヶ月で痩せようが1年で痩せようが無関係

恐らく一時的に食事量を抑え込んで、必死に運動して痩せた場合

痩せた後にその食事量を維持することはできないので、たくさん食べてしまうスタイルに戻りリバウンドしてしまう

 

無理しても続かないので、ずっと続けられるかということも考えながらダイエットした方が良いですね

 

筋トレすると攻撃的になる

 

デマです

身体的に強化されるので気が大きくなり、攻撃的になるのでは?

と普通だと考えてしまいますが、研究により否定されています

 

刑務所の囚人に筋トレをやらせるグループとやらせないグループに分けて、8週間後

言動や行動に攻撃性が増したかどうかを調査したところ、筋トレしたグループの方が攻撃性は大幅に下がりました

 

怒りや敵意も少なくなり、身体は強くなっても攻撃性は逆に小さくなるという結果です

尊大な人間にはなりたくないので、筋トレをやらないという理屈は通りませんので気を付けてください

 

プロテインの飲み過ぎで腎臓を悪くする

 

デマです

プロテインを飲み過ぎたから腎臓にダメージがあるという研究結果はありません

 

なにごとも飲みすぎ食べすぎは身体に悪いのです

醤油だってがぶ飲みすれば死にます

 

タンパク質は身体の中で、皮膚・髪・爪などに使われる重要な栄養素です

鋼の錬金術師で人体の要素を説明するシーンがあるのですが

 

水35リットル、炭素20キログラム、アンモニア4リットル、石灰1.5キログラム、
リン800グラム、塩分250グラム、硝石100グラム、硫黄80グラム、フッ素7.5グラム、
鉄5グラム、ケイ素3グラム、その他少量の15の元素。
   
標準的な大人ひとり分として計算した場合の、人体の構成物質なんだ。

鋼の錬金術師 1巻より

 

この水35リットルと炭素20キログラムから作られるのがタンパク質なので、いかに人体のなかで大部分を占めるものかが分かります

だって水分の次ですからね、かなり大事です

 

筋トレすると俊敏性がなくなる

 

デマです

体重が軽いと有利なマラソンなどには必要以上の筋肉をつけることは逆に自分の首を絞めることになりますが、筋肉をつけるとそれだけパワーが付きますので

俊敏性、スピード、瞬発力は上がることになります

 

これは多分ですが、ドラゴンボールからそのような認識が浸透していったのではないかと思われます

 

セルとトランクスが戦う時に、トランクスがパワーを重視したスーパーサイヤ人になるのですがスピードを犠牲にしているので攻撃が全然当たらないというような描写があるのですが

これを見てしまうと筋肉の付けすぎはスピードを殺すという意識になってしまいます

 

ウェイトリフティング競技者やボディビルダーを目指さない限り普通の人はは、スピードとパワーのバランスまで考えるような境地まで行きませんので大丈夫です

私も普通の人です

 

筋トレすると風邪をひきやすくなる

 

本当です

ついに出ましたね!筋トレの弱点が!

 

かなりキツイ筋トレをした後に数日間、免疫力が落ちます

そうするとウィルスに対しての抵抗力が下がりますので、風邪をひきやすくなります

 


超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由 P954より

 

 

筋トレ教に誘われたときはこれを言って、諦めさせましょう

ですが中程度の運動では免疫力は上がりますので、「そんなに高負荷の筋トレをしなくていいから、軽く筋トレしてみようよ!」と言われる可能性もありますので気を付けてください

 

もし筋トレをやってみようと思ってしまったら

 

筋トレは正直言って、全方向にかなりのメリットがあるのでやらないよりはやった方が良いです

 

ただ習慣化するにはあなたの生活に溶け込ませるような工夫が必要になります

運動習慣の場合は大体3ヶ月続ければ習慣化できると言われています

 

自分の意思のみで筋トレやダイエットをする場合

忙しい日が続いて筋トレできないと自己嫌悪になりますし、ジョギングを始めるにしても日によって暑かったり、寒かったり、雨が強かったり、風が強かったりして

 

自分のモチベーション以外の要因に左右されがちなので、個人的には超上級者向けだと思っています

私も腰痛改善にウォーキングの習慣を取り入れようと思ったことがあったのですが、雨の日が何日も続いたのですぐに挫折しました

 

そのため、筋トレ初心者だからこそジムに通うべきかなと

家には娯楽がたくさんあるので、筋トレしようと思ってもついついテレビとかYouTubeとか見てしまいます

その誘惑を振り切って続けることは非常に強い意志が必要

 

その点ジムは運動するところなので、家にある誘惑から物理的に距離をとることができます

しかも、周りの人がジョギングや筋トレ、ストレッチなど運動しかしていないのでスマホをずっといじっていると自分だけかなり浮くことになります

そのため、周りの人と同じような行動をしないと落ち着かないので運動せざるを得ない状況です

 

意志力に自信がない人は自分をそのような環境に置くことによって、習慣にすることが簡単になります

最初の入会はハードルが高いかもしれませんが、環境があなたを変えてくれます

 

[ライザップ]無料相談予約、受付中/今までのカラダを脱ぎ捨てろ!

 

筋トレ教はエビデンスがあるから厄介 まとめ

 

・筋トレには大体エビデンスがあるので、かなり厄介

・筋トレすると「メンタル強化」、「ダイエットブースト」、「長生き」などの効果あり

・筋トレのデメリットは高負荷トレーニングすると「風邪をひきやすくなること」

・プロテインはカロリー30%オフになる裏技のようなもの

・筋トレを習慣化したい場合は環境を変えるのが良い

 

筋トレに誘われたら、メリットが多いのは知っているが自分は別に改善したいことがあるわけじゃないから、ほっといてくれ

そう言うしかないでしょうね

 

「それ以上筋トレに誘うならお前と俺の友情はこれで終わりだ」

くらい言わないと効果はないかもしれませんが・・・

 

筋トレには他にも色んなメリットが書いてありますんで、気になった人は読んでみてください

Audibleだとラジオ感覚で、内容が頭に入ってくるので本を読みたくない人にオススメです

 

 

 

 

 

 

 

 

【  kei  】
アバター

奥さん大好き系王国民
猫アレルギーかつ猫好き
400万の奨学金返済中
夢は奥さんとクルーズ船で世界一周すること