【ダンまち】16巻ネタバレ考察と感想 シルの正体とヘルンとの関係性は?【誰が話をややこしくさせた?】

16巻読み終わったけど、なんかスッキリしないな・・・

 

わかる~!!

最初から狐につままれていたような感じで、読み終わった後に一体どういうことなんだ!?って思いますよね!

 

私も読み終わって、少しモヤモヤしていたので

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか16」を考察を交えつつ話をまとめてみようと思います

 

 

 

・ダンまち16巻の内容が分かりにくかったと思う人

・ある程度は納得できたが、ガッテンガッテン!という気持ちじゃない人

・読み終わった人の感想とかを読みたい人

・読後感に浸りたい人

 

 

 

ここからの内容はネタバレ全開なので、まだ読んでない人は気を付けてください

 

 

 

シルの正体

 

シル = フレイヤ

 

16巻の最後の最後でシルの姿からフレイヤに変身したため、これは間違いない

 

 

下界の子供たちは神様に対して嘘はつけないため、シルは相手の心が手に取るように分かります

これまでにも妙に勘の鋭さを見せてきたシルですが、ようやく納得できる答えが出てきました

スピンオフのリュークロニクルでは数十人相手にポーカー全勝という神がかりなこともやっています

 

フレイヤファミリアの団員たちがシル様と最敬礼の姿勢をとっていたのは、主神フレイヤの別の姿のため当然と言えば当然

シャア大佐と呼ぶか、クワトロ大尉と呼ぶかの違いみたいなもの

そりゃあ、ヘディン師匠も主神に失礼がないようにベルを「改造」するわ・・・

 

フレイヤはシルになっている間は神威をシャットアウトできますし、完全に別人になれるみたいですね

 

16巻を読み始めたときは、シルはフレイヤと何か重要な間柄にあり

圧倒的に弱い立場のシルがフレイヤをだましているという印象を持ちましたが、それはミスディレクションでした

というか作者の叙述トリックにハマっていた状態だった

 

誰が話をややこしくさせた?

 

始まりから中盤までは、少々謎の雰囲気がありつつも

キャッキャウフフしているラブコメ感満載のストーリーだったのですが、

女神祭 二日目になってからは考えながら、読まないとよく分からない人も出てきそうな展開でした

 

話をややこしくさせた張本人

それは第一章の挿絵に出てくるこの女 ヘルンである

 

 

フレイヤの付き人の役職をもっており、ただの手紙配達人かと思いきや

モノローグとかでめっちゃ話していたりする

 

こいつがフレイヤの影武者的な役割も兼ねていたせいで、話がややこしくなったことは間違いない

 

こいつはフレイヤの姿にもなれるし、シルの姿にもなれる

フレイヤと感覚や感情などを共有しており、フレイヤを狂信的に崇拝しているヤベーやつ

 

どれくらいヤベーかは次の通り

 

許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない

 

ヒッ・・・

 

最初にあのページを開いた時に私はそっ閉じしました

2ページにわたってずっと「許せない」

 

こんな気持ちはシュタゲ以来ですねぇ・・・

CV田村ゆかりかな?

 

ずっと崇拝してきたフレイヤがベルと出会ったことで

自分の理想とかけ離れていく

 

しかも、感覚を共有しているので好きなのか憎いのか

自分の本当の気持ちはどっちなのか

 

相当追い込まれての「許せない」なので、怖い怖い!

 

16巻はどういう話?

 

シル=フレイヤという事実を踏まえて最初から遡っていくと

ざっくり言ってこんな感じ

 

フレイヤ「シルの姿でベルと女神祭 行ってくるわ」
 
フレイヤファミリア幹部団員「えええええええええええええぇぇぇぇ!!!」
 
 
フレイヤファミリア幹部団員「あんた祭りの役割あるでしょうが!」
 
フレイヤ「それは影武者のヘルンに任せる。ずっと座っているの退屈だし」
 
 
 
ヘルン「ぐぎぎ・・・あのベルとかいうガキ・・・フレイヤ様の寵愛をあんなに受けているなんて・・・許すまじ!」

 
ヘルン「この崇高なるお方をただの恋する娘にすることは断じてできない!フレイヤ様の意志に背くともベルを殺して、フレイヤ様を穢れさせるわけにはいかない!!(殺人計画カイシー)」

 

 

 

つまり、16巻は「フレイヤの思いつきデート」と「殺人計画」が混ざった話ということになります

 

 

読者が予想していたフレイヤVSシルという構図ではなく

フレイヤは秘密を隠したままベルとデートして一日目を終えて

二日目からはずっとヘルンがシルの姿をしていました

 

時折挟まれる意味深なモノローグはヘルンの胸中を語るものであり、

シル(フレイヤ)が計画していることではないということです

 

ストーリーの中で気になったこと

 

【女神祭 1日目にシルとフレイヤが両方存在している】

柱の上にいたのがヘルンで、ベルとデートしていたのがフレイヤ

ベルが柱の上のフレイヤを見たときに、冷たい印象を受けている

 

【これまでのシルとフレイヤはどうやって過ごしていた?】

恐らくヘルンとフレイヤが交互にシルとして酒場で働いており、最初にベルに会ったシルはフレイヤのとき

ヘルンの「私の方が早くベルを見つけていれば殺していたのに」というセリフから推測

豊穣の女主人のミア母さんはフレイアファミリアに属している、シルの存在を知ったうえで接していると思われる

 

【宿屋でのチャームの発動】

女神祭 1日目の終わり ベルとシルが一線超えそうになっているときに、シルの眼が銀色に光りベルをチャームしようとする

ベルの特殊スキル(リアリス・フレーゼ)で防がれて未遂となる。イシュタルの時も防いでいたし、スゴイ能力!

 

【リューに手加減する中二病】

女神祭の二日目 シル(ヘルン)を逃がすための時間稼ぎのときの会話

中二病「お前はあの方のお気に入りか」

フレイヤがシルとして活動していた時に、リューはシルにとっての大事な人なので団員も手加減した(半殺し)

 

【ヘスティアがシルを知らない理由】

1.意図的にフレイヤもヘルンも避けていたため

2.神相手だと自分が何者かバレてしまうため

ヘルンはフレイヤと契約して女神のような存在になっているため、見たときにかなりの違和感が生じる

 

【ヘルンがフレイヤにもちかけた交渉とは】

モノローグ1に書かれているのですが、女神祭の中の1日をベルと過ごすことを交渉(女神祭 2日目のこと)

フレイヤには「私もベルのことが好きになってしまったので」と嘘をついていて、裏ではベルを殺そうとしている

隠し事がバレたら、負けを認めること、ベルに何もしてはいけない、ベルの前に二度と姿を見せてはいけないと条件がつけられていた

フレイヤがシルに対して突きつけた条件かと思いきや、ヘルンに突き付けられた条件だった

 

17巻はどうなる? 勝手な予想

 

16巻の最後でフレイヤがベルに振られて、力づくでもベルを手に入れると呟くところで終わりました

 

フレイアファミリアはオラリオの中でも最強のファミリアなので、ヘスティアファミリアは当然太刀打ちできません

 

フレイアファミリアがウォーゲームを仕掛けて、ベルを奪おうとするような展開も考えられます

そして、あえなくヘスティアファミリアは惨敗し、ヘスティアを天界に送還させない替わりとしてベルにコンバージョン(改宗)を迫る・・・

というような酷な展開じゃなければ良いなと思ってます

 

また、フレイアファミリアが仕掛けてきたことに対して

ヘスティアファミリア+ロキファミリアの連合軍的な戦いになれば、かなり面白そうだと思います

17巻早く読みたいですね!

 

ダンまち 17巻 予約受付 開始してた\(^o^)/

 

記事を投稿してから数か月経っていたので、ダンまちの17巻の発売日が決定してました!

2021年4月21日発売です!

 

 

Amazonと楽天で予約受付中なので、忘れないうちにどうぞ

 

 

 

もっとダンまちの世界観を深めたい人へ

 

スピンオフも面白いので、まだ読んでないよという方はこの機会にどうぞ

ダンまちの世界観の広がりや、キャラクターの造詣がもっと深く理解できるようになりますよ

 

 

 

 

【ダンまち】16巻考察 まとめ

 

・シル=フレイヤ
 
・ヘルンはフレイヤの影武者で、フレイヤの姿にもシルの姿にもなれる
 
・女神祭 1日目はずっとシル(フレイヤ)とベルのデート、2日目は前半がシル(ヘルン)。最後がシル(フレイヤ)でベルにふられる
 
・間違っていたらゴメン

 

シルはいい娘で、かなり好感度高かったんですけど正体がバレてしまったので、もう出ないんですかねー

それはかなり残念

スラムの子供たちと遊ぶシルの姿は女神のようで「てぇてぇ・・・てぇてぇ・・・」と言わざるを得なかったのですが・・・

 

 

あとがきで16巻と17巻を同時発売にしようとして、無理だったという話が出ていました

筆が速い人だなぁと驚きます

 

17巻を読むことを楽しみにもうしばらく生きていくことにします

 

初めての考察記事なので、他のページにはダンまちの記事はないんです

ごめんなさい

 

17巻を読み終わったら感想の記事を書くと思います

 

\読み終わったので書きました!/

 

 

 

【  kei  】
アバター

奥さん大好き系王国民
猫アレルギーかつ猫好き
400万の奨学金返済中
夢は奥さんとクルーズ船で世界一周すること