ジムが続かないのは当たり前!筋トレを阻む3つの理由【三日坊主から卒業】

ジムに行ってないのにお金払ってる・・・。お布施状態なんだが・・・

 

 

「お腹にお肉が付いてきたなぁ・・・」

「夏までには痩せたいなぁ・・・」と思ってジムに入会したのはいいけれど、

なんだかんだで結局、行ったのは最初の一ヶ月だけ

 

ジム以外では運動を続けるのは無理だと思って入会したが、

そのジムにすら行けないなんて・・・どれだけ自分はだらしないんだ・・・

 

 

なーんて自分を嫌いになっちゃいましたか?

 

 

実のところ、みーんなジム続いてないみたいですよ

だからそんなに落ち込まないでくださいよ!

 

エキサイトニュース

2017年に某大手フィットネスジムの会員の稼働情報を目にしたことがあるのですが、会員の来店率は年間で約20%程度らしく、…

 

 

定期的にジムに通っているのは会員の中でも20%だけ

残りの80%の人は幽霊会員

ジムに行っていないのにお金を払い続ける状態になっています

 

 

ジムにお金を払い続ければ、痩せられる

「信じる者は救われる」的な宗教チックな雰囲気を感じますね

 

 

宗教といえば筋トレしてる人って、筋トレさえやれば全て解決すると思ってる節がありますよね

進研ゼミみたいな

 

 

私も運動を継続するのが苦手で、

軽いウォーキングですら1ヶ月以内に諦めるダメ野郎でした

 

振り返ってみると言い訳ばかりしてましたね・・・

「今日は残業したし、時間も遅いからウォーキングは止めておこう」

「昨日の日曜日は、なんとなく喉が痛い気がしたから運動しなくて正解。外に出たら風邪ひいてた」

「明日は雨かー。折角ウォーキングする気持ちになってたんだけどなー。天気はどうしようもないからなー」

 

何かと理由をつけて、ウォーキングを実行に移すことがほとんどなかったのですが

あることを取り入れることによってウォーキングよりも苦しいジム通いが2年以上続いています

 

最初は「ザ・オタク」みたいな貧相な身体でしたが、

半年続けたあたりから身体が引き締まってきて、今ではジムに行くのが楽しみになっています

 

この記事では

何故あなたのジム通いが続かないのか

どうすればジムにずっと通い続けることができるのか お知らせしますので

自分を責めるのはもうやめて、あなたの理想の身体を手に入れましょう!

 

 

・ジムに入会してあまり行ってない人

・ジムに入会するか迷っている人

・ダイエットを始めたいと思っている人

・筋トレを始めたいと思っている人

・今の自分の身体に不満を持っている人

 

 

ジムが続かない真の理由3つ

 

運動することを本能的に避けているため

 

人類は全員、運動を避ける本能を持っています

 

ダイエットや筋トレって、極端に言うと「死」に近づく行為です

 

運動すると脈拍も早くなるし、筋トレしたら筋肉痛になる、せっかく蓄えたエネルギーも消費します

運動しなければ心拍数も上がりませんし、痛い思いもしません。体にはエネルギーを貯めたままにできます

これは生き延びるには最適な状態です

 

しかし、痩せたいのでランニングなどを行うと

脳からこのような警告が出ます

 

「あれ?なんでエネルギーの無駄遣いしてるんだ?」

「止めろ止めろ!生き残るためにエネルギーを節約して、もっとダラダラしろよ!」

 

本能は「ただ生き延びること」だけを目的としているので

 

お腹にたくさんお肉が付いていても全然かまわないし、

ガリガリな身体でも無駄にエネルギーを使うよりかは現状維持の方がいいのです

 

 

 

知ってました?

一年間筋トレできる人は4%未満だし、

ダイエットで減量した体重を1年間維持できる人は20%しかいない

 

全然いないですよね!

 

それほど運動を続けていくことってシビアなんですよね

だからあなたのジム通いが続かないことも、ごくごく当たり前のことです

 

自分のことを嫌いにならないでください

人類みんな運動することを諦めるようにできてます

 

あなたが人間だから運動が嫌いなんです

 

 

どうしても自分だけだと続かないという方はこちらの記事もどうぞ

 

 

毎回、誘惑に負けるから

 

あなたの通っているジム・フィットネスクラブ・スポーツクラブは、どういう場所にありますか?

もしかして、会社と反対方向にあったりしませんか?

 

 

ジムに通うためには、ジムが会社と家の中間に位置していた方がいいんですよ

【会社】ー【ジム】ー【自宅】の位置関係ですね

なぜなら、自宅へ帰る途中に寄れるので

 

それって、そんなに大事なこと?

 

これは見落としがちですが、めちゃくちゃ大事なことなんです!

 

 

2年間のジム通いを続けてきた私も

ジムへ行くときは「今日は疲れてるから、めんどくさいな・・・」って、毎回思います

毎回です

 

めんどくさい気持ちを抱えつつ、

遠いジムに通うのは毎回、自分の怠けたい気持ちと戦う必要があるので

やる気が削がれます

 

ジムが帰る途中にあるなら、そのまま自然な流れでジムに行くことができますが

先に自宅に着いてしまう場合は

「A ジムに行く」「B 家でゆっくりする」という2択が生まれてしまいます

 

そのたびに自分の意志力を使って、「A ジムに行く」を選び続けるのは正直 疲れてしまいます

1回や2回なら意志の力でなんとかなるかもしれませんが、大事なのは継続することです

 

そのため、そもそも怠けてしまう選択肢が生まれないようにジムは帰り道にあった方がいいんです!

 

 

 

一日に決断できる数は無限じゃなくて、数に限りがあります

仕事中は決断の連続ですから、帰る頃には意志力が朝よりもずっと減っています

もうヘロヘロです

 

 

そして、意志力が減ってくると誘惑に逆らうのが難しくなるので

 

「今日はもう帰ってダラダラしたいな・・・」
 
「ジムに行って疲れることを想像すると、今日はもういいかな・・・」

 

そんな気持ちに負けてしまいます

それはあなたの意志力が弱いわけではなく、仕組みの問題です

 

夜中にテレビショッピングで、効くかどうか分からない筋トレ器具や

買っても使わなそうな調理器具とか紹介してますよね

 

 

なんであんな真夜中に放送してると思いますか?

それは意志力が極限まで削られた真夜中に誘惑されるとついつい買ってしまうからです

「買わない!」という意志が働かない人達を狙って放送しているわけ

 

特に買わないものがないなら、なるべく真夜中のテレビショッピングは観ない方がいいですよ

 

 

ジムに通い続けるためには、意志力をどう高めるかではなく

誘惑にさらされるような環境こそ変えるべき必要があります

 

自分の意志力を使わないように環境を整えるということがホントに大事

部屋の壁に「今年こそ絶対痩せる!」と貼りだすよりも大事なことです

 

 

オバマ元大統領は意志力を節約するために朝食も服も全部 人任せにしているそうです

なぜなら、決断すべきことが山積みだから

 

そんな些細なことで意志力を減らしたくないという姿勢の表れですね

 

すぐに効果が出ないから

 

運動を始めてから効果が出るのは約3ヶ月後と言われています

 

ゲームだったらレベル1から始めれば、

スライムのような雑魚を倒しただけでどんどんレベルアップしていくのですが

現実世界では遅れて効果が出てくるんですね

 

最初に倒したスライムの経験値が、倒してから1週間後に手に入るとか

イヤですよね?やってられませんよね?

 

 

そのため、

効果が出なくてツライことを3ヶ月続けられる人は滅多にいません

だからダイエットなら20%、筋トレなら4%という数字になるわけです

 

 

人間は「すぐもらえるもの=価値のあるもの」と考える習性があります

逆にすぐにもらえないものは、そんなに価値がないものと考えてしまいます

 

 

今すぐ10,000円もらえるのと

一か月後に10,000円もらえるのどっちが嬉しいと感じますか?

 

そりゃあ、今すぐもらえる10,000円ですよね!

 

 

 

ということは人間にとって効果や利益がすぐに出ないことはあまり価値を感じにくくなります

ダイエット・筋トレの効果は遅れて実感するものなので・・・嫌いと

 

いかに人類がダイエット・筋トレに向いていないか

実感できたのではないでしょうか?

 

 

あなたをジムに導く5つの解決法

 

運動以外のものを目的にする

 

人間が好きなものはすぐ楽しめるものです

一方、ダイエットや筋トレは楽しめるまでに時間がかかります

というかずっと好きにならない人もいます

 

しょうがないと思います。人間の習性なので

 

 

Q.ではどうやって楽しめるように工夫するか?

 

A. 楽しいことを一緒にやる

 

筋トレやダイエットは苦しくツライし結果が出るのも遅いので、

意志の力のみでずっとやり続けることは困難です

 

なので身体を動かしている間は、自分の楽しめることを一緒にやって

すぐにもらえる「楽しさ」を常に感じることで、長く続けることができます

 

 

ジムからは少し離れてしまいますが、楽しみながら運動できるという点においては

リングフィットアドベンチャーとか最適です

 

天下の任天堂が運動にゲームを取り入れたわけで

楽しくゲームをやるだけで筋トレできます

 

ゲームの中には、ずっと続けたくなる工夫がふんだんに凝らしてあり

あの手この手でプレイしたくなるようにしてきます

 

人によっては今すぐジムを解約して、来月払うはずだった会費で

リングフィットアドベンチャーを買った方が痩せるかもしれません

 

心当たりのある方は買ってみてください

 

 

 

 

 

 

 

リングフィットアドベンチャーは家でやるものなので

ジムで楽しめるエンターテイメントとして

 

私のオススメは「耳」を使うことです

トレーニングしている時は動画を観るような「目」を使う楽しみは難しいので

 

 

耳だけで楽しめるものを用意しておくと

ジムでのトレーニングがツラいものではなく、楽しいことに変わります

 

年に2回くらい

いつもジムへ持っていくイヤホンを忘れることがあるのですが

耳で楽しめることがないと筋トレのツラさを真正面から受け止めないとならないので苦しいとマジで思います

 

スクワットをあと5回やるときもラジオを聴いていると楽にできるのですが

イヤホンがないと筋トレに全集中するので、めちゃツラい・・・

 

 

あんまり耳のエンタメを知らないよーという方は

例えばこのような楽しみ方があります

 

・音楽を聴く
 →spotify, apple musicなどの音楽ストリーミングサービスを使う

・ラジオを聴く
 →radikoを使えばタイムフリー機能で、放送後の番組がいつでも聴けます。深夜番組も昼間に聴ける!

・英会話の学習をする
 →運動しながら学習すると、机にじっとしている時より覚えられます。運動と学習で一石二鳥!

・本を聴く
 →Amazon オーディブルを使えば、朗読された本が耳で読めます。読書+運動で自分磨きに2倍の効果。

 

今どきのジムはWi-Fi環境が整っているので、

スマホとワイヤレスイヤホンがあれば色んなコンテンツを楽しめます

 

私はラジオを聞くことが好きで、テレビを観る時間よりもラジオを聴く時間の方が長いくらいです

ジムでトレーニングしている間もずっと聴き続けているので

 

筋トレのためにジムに行っているではなく、

ラジオを聴くためにジムへ行っている感覚です

ラジオを聴いているとずっと楽しいので、ついでにトレーニングしてる感じ

 

 

耳で楽しむコンテンツにはワイヤレスイヤホンがオススメです

ワイヤレスイヤホンを勧める理由としては、運動するときにケーブルが邪魔になるからです

 

 

・ランニングしている途中に、腕がケーブルにひっかかりスマホを落とす
 
・ストレッチの最中に、身体をひねりすぎて耳からイヤホンが取れる

 

ケーブルがあると長さの制限が出てくるので、スマホをポケットに入れておく必要が出てきます

その点、ワイヤレスイヤホンはタオルと一緒に棚やベンチに置いておけば

どれだけ激しく動いても外れませんから、すごくいいです

 

 

耳に入れるタイプのイヤホンが苦手という方にはこちら

 

 

トレーニングを行うためにジムに行くわけではなく、自分の楽しみのためにジムに行く

 

 

ツラいトレーニングとテンションの上がる音楽

それらをミックスすることによって、脳をうまく騙して長く続ける作戦です

 

 

 

ここで楽しむ力の強さが分かる実話を一つ

 

最近読んだ行動経済学のダン・アリエリー教授は

若いとき不幸にもC型肝炎になってしまいました

 

開発中の薬を打ち続けることで病気は治るのですが、患者は薬を打つたびに激しいめまいや吐き気に襲われていたそうです

そして、その治療を最後まで続けられたのはダン・アリエリー教授ただ一人でした

 

なぜ教授ただ一人だけがツラい治療を最後まで続けることができたのか?

 

それは

教授は薬を打った日は、お気に入りのハンモックに寝転びながら好きなだけ映画を観ても良いと条件を作ったためです

どんなにめまいや吐き気があっても、楽しいことをセットにすることで治療を継続することができました

 

他の同じ薬で治療していた患者は、ただ薬の副作用を受け止めていただけなので

治療の途中で薬を打つことを止めていてしまったのです

 

自分の中にある強固な意志?というものには頼らずに

どうやったら楽しみを感じながら、運動を続けられるか?

 

そこをじっくりと考えた方が長続きします

 

もちろん、運動自体を楽しまなくても全然構いませんよ!

 

 

 

別のジムに通う

 

自分のやる気に頼らなくても良い環境に整えることが大事なので

会社の帰り道に寄れるジムに入会しなおしましょう

 

今のジムに払っていたお金がもったいないなぁ・・・

 

確かにその気持ちも分かります

 

でも払ったお金はもう戻ってきませんし、このまま行くのが難しいジムに入会していてもお布施を続けるだけです

 

それなら心機一転、新しいジムに入会しなおして

ダイエット、筋トレのための環境を整えた方が10倍いいです

 

このように考えてみてはどうでしょうか?

 

 痩せる確率ジムに払うお金
今のジム10%120,000円
次のジム70%60,000円

 

今のジムと次に入会するジムのひと月の料金は同じとします

 

【今のジムを続けた場合】

今のジムは家から遠いので、行ったり行かなかったりします

でもやっぱり続かなくて、痩せることはできませんでした

解約に踏み切ったのは1年後で会費は全部で120,000円かかりました

体重は変わりませんし、お金がなくなった嫌な気持ちだけ残りました

 

【次のジムに変えた場合】

帰る途中にあるジムは気軽に立ち寄りやすく

すぐに週2回 ジムに通う習慣ができました

顔なじみも増え、ヨガのスタジオレッスンも楽しめています

結果、半年で目標の50kgまで減量することができました。かかったお金は60,000円です

 

どちらの方があなたにとって、得でしょうか?

 

 

何も考えないで、「火曜と木曜は帰る途中にジムに通うこと」のように

習慣化しないと長く続けることは難しいです

 

 

まず、「ジムに通う」というところから慣れてみてください

トレーニングは頑張らなくても大丈夫

最悪、シャワーやお風呂だけ入る気持ちで行けばOKです

 

 

「トレーニングするぞ!」と意気込んで行くと終わるまでのツライことをイメージしてしまうので

何も考えずにお風呂に入ろうとジムに行くことさえできれば

 

「折角来たんだからウェアに着替えるか・・・」

「ウェアに着替えたから、少しストレッチするか・・・」

「少し身体が温まってきたから、ウォーキングマシンでもやるか」

 

そして最期にお風呂に入って、なんだかんだ惰性でトレーニング完了!

 

最初はお風呂だけのつもりが、習慣に従っているだけでトレーニングが終わる

 

これが理想形です

 

 

ジムのトレーナーに指導してもらう

 

入会したばかりの時は、マシンの使い方も分からないし

自分がどのトレーニングをすれば痩せられるか、なんて全く分からないですよね?

 

そんな時はジムのトレーナーに個別指導してもらいましょう

 

「自分のような素人がトレーナーに指導してもらうのは気が引ける・・・」と

思われるかもしれませんが

 

初心者だからこそ正しいフォームで運動しないとケガの元になる

そう思いませんか?

 

私も腰痛改善のためにジムに通い始めたのですが

最初に行ったのはトレーナーのカウンセリングを受けることでした

 

最初の一回をつぶして、「ジムに通う目的は腰痛の改善です!」と伝えて

自分だけのトレーニングメニューを作ってもらいました

 

私の場合は腰回りの筋肉、背筋、腹筋、少しのジョギングなどを組み合わせたメニューで

どのように身体を動かせばよいのかマンツーマンで指導してもらえました

 

それ以降、トレーニングメニューに従って筋トレを行い

腰痛もかなり改善されました

 

 

最初にやるメニューをプロのトレーナーに決めてもらうと、

これだけやればいいと集中できるようになります

 

逆にどのマシンを使えばいいのか分からない・・・という状態では

「腰回りのダイエットのためには、この筋トレで良いのだろうか・・・?」
 
「ジョギングはどれくらいのスピードで、何キロくらい走れば良いのだろうか・・・?」

 

トレーニングに集中できません

 

こんなモヤモヤした状態で、ジムに通っていたら

何も見えない霧の中で、歩き続けるようなことなので

あまり行く気にはならないですね

 

 

もし爽やかイケメンのトレーナーと楽しく会話できる間柄になれば、

それがモチベーションのひとつにもなります

 

 

「あの人にメニューを作ってもらったのに、ジムに行けないの何か申し訳ないな」

そう思えたら、しめたものです

罪悪感すらモチベーションにしてトレーニングを続けることができます

 

また、私の行っているジムではトレーナーっていつも暇そうにしているので、

色々質問した方が「働いている!」って感じてもらえて良いと思いますよ

 

 

自分にご褒美を用意する

 

ツラい運動ばかりだと、ジム=ツラい場所の印象になるので

頑張った後に何か自分にご褒美を用意しましょう

 

 

・一ヶ月続けられたら、欲しかったあのバッグを買ってもいいとか
 
・常に自分の気持ちをアゲるために、着ている自分が好きになるスポーツウェアを新調するとか
 
・トレーニングの後においしいと感じるプロテインを飲むとか

 

 

スポーツウェアは身に着けただけで、

「よし!今日も頑張るぞ!」という気持ちになるカッコいいやつを選んでください

 

形から入るのはどうなの?と思われるかもしれませんが

これも習慣化のテクニックの一つなんです。

 

つまり、自分の気持ちが上がるウェアを身に着けることで

自分の中のやる気スイッチが押されるようになるので

「このカッコイイ ウェアを着たら、運動モードだ!」と脳をだますことができます

 

ぜひ気に入った素敵なウェアを買ってみてください

 

 

 

プロテインと聞くと「筋トレ ガチ勢」みたいな印象を受けると思いますが

タンパク質はダイエットにすごくいいんですよ

 

なぜなら消化する時点でカロリーが30%オフになるから

 

人間の身体って不思議なもので、タンパク質を栄養として吸収するときに一部をカットします

 

極端に言うと

ビールを100kcal分飲めば、そのまま100kcalダイレクトにエネルギーとなりますが

プロテインを100kcal分飲んでも、70kcalだけしかエネルギーになりません

 

ということはプロテインを飲むとカロリーも知らないうちにカットできるし、

その分だけお腹も膨れて食事量も減る!

 

二重の効果が得られるスゴイ飲み物なんですよね

 

あと日本人は慢性的にタンパク質不足です

 

meiji-あなたは大丈夫?日本人はたんぱく質不足より

 

タンパク質が不足すると筋肉も付きません

肌、髪、爪とかのトラブルが多くなりますし、免疫力、集中力も下がる

 

知ってました?肌も髪も爪も全部タンパク質からできてるんですよ

きれいな肌になりたくても、そもそも材料がないので無理なんですよね

 

きれいな肌、髪に憧れる人は積極的にタンパク質とりましょうね

 

 

家でトレーニングする

 

ぶっちゃけ、ジムって、目的じゃなくてただの手段ですよね?

別にジムに行かなくても運動できたり、きれいにダイエットできればジムに行かなくてもいいですよね?

 

どうしても帰り道に寄れるジムがないとか、

会社の寮に入っていて寄り道が全然できないとか、そういう人もいるでしょう

 

それだったら家でトレーニングという方法も視野に入れてみてはどうでしょうか

 

動画で身体の動かし方を教えてくれるサービスもたくさんあります

普通にYouTubeでトレーニングの動画を見て、やってみるのもOK

 

ただ注意しておくべきことがあります

 

それは家には誘惑がいっぱいということ

 

YouTubeを見てしまうと、オススメされた動画を次から次へと観てしまって

結局トレーニングできないで1日終わるってことも十分に考えられます

 

家=ゆっくりするところですよね?

家=トレーニングする場所という認識がないので、習慣化するには難しいと考えます

 

それでも家でやるしかないという場合は、習慣化の知識を入れて自分の行動を変えてみてください

 

 

 

 

私も習慣化の知識を入れたおかげで、

オンライン英会話、ブログ、筋トレと色んな習慣を生活の中に取り入れることができました

 

頭に入れておいて損はない内容になっています

ダイエット・筋トレに限らず、人生の中で知っておいて良かったと思える知識が得られます

 

頑張りたいあなたへ向けて

 

ジムに入っただけでは痩せませんし、筋肉も付きません

でも大半の人は「痩せたいなぁ~」とか「もっと締まった体になりたいなぁ~」とか

考えているだけで実際に行動には移しません

 

痩せたい願望を思い浮かべながらも、ソファでテレビを観ながらおやつを食べています

 

その点ジムに入会している時点で、もうあなたは行動に移しているので

素晴らしいです

 

未来の自分を良くしようと考えているわけですから、もうそれだけで他の人より一歩先を行っています

すごいです

 

 

頑張るあなたに目的を達成して欲しいので、最後のアドバイスをします

 

それはセルフコンパッションです

 

自分に対する思いやりのこと
 
近年、マインドフルネスとともに自己コントロールを高める方法として注目されている
 
要するに良い自分も悪い自分も認めてあげて、ありのままを受け入れるということ

 

セルフ・コンパッションが人生における感情的なウェル・ビーングと満足感を獲得する上で非常に有効な方法であることが証明されている。
困難なことではあるが、人間としての経験を抱えながら自分に対して無条件の優しさと安らぎを与えることによって、恐怖や否定的な考え、孤立といった破壊的なパターンを回避することができる。同時に、セルフ・コンパッションは幸福や楽観性などのポジティブな心の状態を育てる。

『セルフ・コンパッション』(クリスティーン・ネフ 金剛出版)p21

 

ジムに行けない日が続くと「何で行けないんだろう・・・」とか

「自分はなんて怠け者なんだろう・・・」とか

 

理想の行動をしている自分と現在のダラダラしている自分とのギャップに苦しむことになります

 

 

でも理想通りにいかない自分を責めることは、次のチャレンジへの障害となります

「どうせ次もうまくいかないから、チャレンジすることを止めてしまおう」と脳が認識してしまいます

 

 

自分は大した人間じゃないから、ジムもたまにはサボってしまうのだ!
 
人間だもの しょうがない!

 

それくらいの開き直り状態で、自分への思いやりを持ってください

 

私もたまにはジムをサボります

気分が乗らなくて、ジムに行かずにずっとマンガを読んでいる日もあります

 

でも自分がダメ野郎だなんて考えません

「まぁ、そういう日もあるよな」

 

これで終わりです

自分を責めないこと、ありのままの自分を受け入れること

 

この気持ちがあれば長くジムを続けられる可能性が上がります

セルフコンパッションを忘れないでください

 

ジムが続かないのは当たり前! まとめ

 

・ジム通いが続かない理由3つ
ー「運動することを本能的に避けているため」
ー「毎回、誘惑に負けるから」
ー「 すぐに効果が出ないから」

・ジムに行くための解決法
ー「運動以外のものを目的にする」
ー「別のジムに通う」
ー「ジムのトレーナーに指導してもらう」
ー「自分にご褒美を用意する」
ー「家でトレーニングする」

・続かないのはあなたが悪いわけではないので、楽しめるように工夫していきましょう
 
・「セルフコンパッション」を忘れないで

 

いかがでしたでしょうか

習慣化の一歩としては、ジムを通うためになるべく意志力を使わないように

工夫することが大事です

 

どうやったら運動以外で楽しめるか

それはあなたの中にしか答えはないので、色々試してみてください

 

ダイエット・筋トレ頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

【  kei  】

奥さん大好き系王国民
猫アレルギーかつ猫好き
400万の奨学金返済中
夢は奥さんとクルーズ船で世界一周すること