タケシ「ジムリーダーでした」自分を売り込む超強力な自己分析方法

面接官:自己PRに「ジムリーダー」とありますが、どのようなリーダーなのでしょうか

タケシ:ハイ。駆け出しのプレーヤーの第一関門が主な役割です

面接官:ホウ、弱者をいたぶるリーダーをやっていたと。ハイ、面接は以上です。退席して結構です

タケシ:(めのまえがまっくらになった)

 

 

自己分析ってめんどくさくて、やってられませんよね

そもそも、就活の時期になって急に自分の内面に向き合うってことが辛いですよ

毎日毎日、スマブラとかスプラトゥーンしかやってなかった人にとっては特に

 

俺はソクラテス、デカルトとかの哲学者じゃねーんだ

自分の長所も短所もぼんやりとしかわからーん

 

どうやってやればいいんだ―となって、ここに流れ着いてきたわけですよね

 

この記事ではオススメの自己分析の方法を一つあなたに教えます

自分の長所が楽にしっかり分かるので、面接であなたの魅力が十分に伝わりますよ

オススメの自己分析ツール

 

オススメするのは「ストレングスファインダー」というツールです

 

聞いたことがありますか?

ドリームキャッチャ―のような胡散臭さを感じるかもしれませんが、ある界隈ではとても有名なテッパンのツールです

ストレングスファインダーとは

 

アメリカのgallup社が開発した人の長所や強み、才能を見つけ出すことに特化した手法です

これの何がすごいのか?


それは「実績」がものすごく多いんです

 

テストを受けた人数・・・全世界で2000万人以上

開発されてから改良を続けてきた年数・・・70年

 

自分の強みを発見する手助けをしているツール

それがストレングスファインダーです

 

やっぱり怪しい?

まぁまぁ、もう少し読んでみてください

 

別にパワーが宿った石とかを買わせるわけではありませんから

 

どんなことが分かる?

 

それは自分の強み、才能が分かります

短所はわかりません。長所のみです

 

テストを受けると34に分類される強みのうち自分の中で強く反応するトップ5の才能が分かります

34分類はさらに大きく分けて4つ

 

・実行力
・影響力
・人間関係構築力
・戦略的思考力

 

それぞれ一つずつとかではなく、人によっては影響力:4、実行力:1とかになります

 

ちなみに私は

影響力    :1 (最上志向)
人間関係構築力:3 (共感性、個別化、成長促進)
戦略的思考力 :1 (着想)

 

実行力ゼロです(笑)

夢見る30代ですね

 

テストを受けた後は結果のレポートがメールで送られてきます

レポートの内容ですが

 

・あなたはこの長所があってすばらしい!

・この長所を持つ人はこういうことに優れていて、周りの人からはコレコレだと認められている

・あなたはこの長所で、周りの人々をこんな風に幸せにできる

などなど

 

ずっと褒められるので、非常に気分がいい!
思わずニヤニヤして、何回も読んでしまいます

就活中は多くの人が自信を失いがちです

 

お祈りメールや、質問にうまく答えられなかったなど、何回も面接を受けているのに、2次面接にすら進めない

社会から必要とされていないのでは?

 

そんな気持ちになります

褒められて自信を取り戻すという観点からも受けてみる価値はあります

 

どんなテスト?

 

全180の質問に答えるだけです

質問に対して


「非常にあてはまる」
「それなりにあてはまる」
「どちらともいえない」
「あまりあてはまらない」
「全くあてはまらない」

を回答していきます

あまり考えずに直感で回答していくので、30~40分くらいで全て回答できます

 

日本人にありがちですが、 「それなりにあてはまる」 「あまりあてはまらない」 ばかり選んでしまうと正しい結果が出にくいので、最初に極端な回答を選ぶように促されます

長めの心理テストを受けている感じなので、気を張らなくても大丈夫です

テストを受けるには?

 

いくつかの方法があります

・本を買う
・公式サイトで受ける
・スマホアプリで受ける

 

一番安上がりなのは、本を買って受ける方法

1,980円

新品を買ってください
中古だとテストを受けるためのコードは使用済みになっているので

Amazon商品リンク

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

その他受ける方法の詳細はこちら

あごやんの自己理解ブログ

こんにちは、自己理解キャリアコンサルタントの井上です。 ストレングスファインダーの診断を検討している方向けの記事です。 …

 

自己分析の目的

 

そもそも自己分析はなんのためにするのか

ぶっちゃけると

「自分を少しでも高く買ってもらうため」

または

「適性のある職に就くため」

これですね

 

働くということは自分の労働力を会社に買ってもらうということです

 

・自分 こういう労働力になりますよ

・強度分析めっちゃ得意です

・他人と仲良くなるのは私くらいになると30秒で十分

 

というように会社に自分の価値を売り込んでいくわけです

「商品=自分」となるので、商品のことをよく知らないと

 

この商品は何が良いのかよくわかりませんが、買いませんか?

 

じゃあ、買いません

といった具合に買う人の気持ちが動かないわけです

会社には成績を提出するので、それを見れば優秀かどうかは面接を受ける前に把握できます

 

成績+αが会社にとってのあなたの価値となり

面接で売り込めるのはαの部分

このαのために自己分析をするわけです

 

商品(自分)を良く知ってると、セールスしやすいですよね

 

こちらの商品は、体育会系部活で鍛えた強靭なタフネスがありますので、ちょっとやそっとでは壊れません。

見てください、このカッコイイボデェー とか

本日紹介する商品は、頭脳明晰でどんな計算も瞬時に計算可能です。Intel i7並みのクロックです とか

 

商品の価値を上手く伝えて高く買ってもらう(雇ってもらう)ために就活生は四苦八苦しています

 

分析結果×面接

 

どうやって、テスト結果を面接に活かすか

それはレポートを見て、強みのエピソードを思い出す

これだけです

 

テスト結果であなたの5つの長所が分かります

そのレポートを読んでいくと、自分の中で思い当たるエピソードがあります

 

私の場合はこれです

個別化(他人の個性を見出す才能)

おそらくあなたは、 人々が話すことをすべて聞くことに抵抗を感じないときがあります。 人々の話に注意深く耳を傾けると、誰もが異なる問題に直面していることに驚きや畏怖の念を感じることがあります。 あなたは人々のことをより完全に理解しようと努めるでしょう。それはあなた自身のためではなく、その相手のためです。

© 2000, 2006-2012 Gallup, Inc. All rights reserved.

 

・確かに自分はラジオが好きで人の話を根気よく、聞く傾向がある

・人が話している最中はじゃましないで話が終わるまで、じっと聞く

・そういえばいつも話終わったあとは何度か質問を挟み、相手の伝えたいことを理解するために頑張っているなぁ

 

自分が普段から行っていることを再認識させてくれます

 

生まれながらにして、あなたは、 相手が得意なことを伝えて元気付けます。 意識的に個人の長所を見つけようとします。

© 2000, 2006-2012 Gallup, Inc. All rights reserved.

 

人のダメなところではなく、こいつのいい所は挨拶が気持ちいいとか

あの人は手先が器用で、自分にできないことができてすごいとか

そういうことを考えたり、実際に人に言ってることが多いなぁ

 

このようにレポートから自分の過去を振り返り、エピソードを思い出す

これが面接で効くんですねー

なぜなら、エピソードがあると説得力が増すから

 

単に相手の長所を見つけるのが得意ですと伝えるよりも、

 

私は人の話を熱心に聴き、相手の言いたいことを理解するための努力を惜しみません

また、他人の良い所に気が付くことが多く、それを実際相手に伝えて褒めることが多いです

研究室の後輩に、研究に対する視点が独特で、自分には思いつかない、素晴らしいと伝えたら

彼はとても嬉しかったみたいで、一年後 彼の研究が最優秀賞に選ばれたんです

 

どうですか?

簡潔に1文で伝えるよりもグッと印象付けられますよね

相手に本当のことを話しているんだなと思われます

 

そんなすごいエピソード思いつかないよ・・・

 

と思うかもしれませんが、

ストレングスファインダーのレポートは70年という実績があるので良く当たる占いを見ているように、自分に関する長所を教えてくれます

具体的なシチュエーションも交えているので、すぐに自分のエピソードを思い出せますよ

 

さらに応用できるのであれば、

自分の強みはこれなので、会社ではこのように活躍できます

と伝えられれば、

相手も活躍しているあなたをイメージしやすいのでさらに印象に残りやすくなります

 

自分には他人の個性を見出す才能があるので、人事部では適材適所な人員配置ができる

次年度の新卒候補者のなかで、会社で活躍できそうな人を絞ることができる 
とか

できるならここまで、伝えた方が良いでしょう

 

自分を売り込む超強力な自己分析方法 まとめ

 

・自己分析なら長年の実績があるストレングスファインダー

・自己分析の目的=自分を高く買ってもらうため

・強み×面接=説得力のあるエピソードを話す

・強み×仕事=強みを活かした活躍をイメージさせる

 

私は就職活動を終えただけの普通のサラリーマンですが、みなさんの就活がうまくいくように情報を詰め込みました

頑張ってください!日本の社会にはあなたが必要です!


自分の強みを理解して、よりよい人生を送ってくださいね